JAPAN DRONE

  • 主 催
  • デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー
  • JUIDA 一般社団法人日本UAS産業振興協議会

Drone Movie Contest 2021

受賞結果公開中!

ABOUT

2015年11月、デジタルハリウッドでは、「LIFE with Robotics!」をコンセプトに、よりよいみらいを描き、
実生活の中にロボットの活用機会をデザイン・実装できる人材の養成を行う『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校いたしました。JUIDAの認定校第1号として、そして国土交通省認定講習団体として、『ドローン専攻』ではドローンの利活用を推進するプロフェッショナルの養成を進めてまいります。

ドローンを使った映像コンテンツは広がりを見せているものの、いまだ黎明期であり、
業界全体としてクリエイティビティを高めていく必要があります。しかし、それは安全性を無視したものであってはなりません。
安全ガイドラインに則り、かつクリエイティブな映像作品を生み出すことが、いまクリエイターに強く求められていると私たちは考えております。

そこで安全ガイドラインに則った、ドローンによる優れた映像作品を生み出すことを目的に、
JUIDAとデジタルハリウッドはドローンを使った空撮コンテストを開催いたします。

JAPAN DRONE
日本で初めての本格的な民間ドローン専門展示会&コンファレンスの単独イベント、Japan Drone 2021。キーワードは「~ドローンを社会実装するスマート社会実現へ~」
http://www.japan-drone.com/

PRIZE

Drone Movie Contest 2021
グランプリ

向田 隆 様
作品「Endless Journey Japan 2020 - 2021 キャンピングカーで巡る日本一周の旅」

審査員特別賞

  • SONY賞

    向田 隆 様
    作品「Endless Journey Japan 2020 - 2021 キャンピングカーで巡る日本一周の旅」
  • しろまい賞

    ヒゴロク熊本 様
    作品「Where to FAN next ~アウフギーサーの旅~」
  • ドローンエモーション賞

    石橋 健 様
    作品「Sydney」

ファイナリスト

  • 鈴茂 佑太 様
    作品「初夏の伊豆半島【大瀬崎】」
  • 有限会社オグラ(代表 金川恭平) 様
    作品「MADE IN JAPAN」
  • Li world 山口 雄平 様
    作品「The illuminated Blue pond 2020」

ENTRY

募集要項

対象
  • ドローンで空撮した3分以内(180秒以内)の動画作品を審査対象とする。
  • 作品時間の50%以上をドローンで撮影している。
  • 投稿はVimeo等の動画共有サイトにパスワード保護による限定公開設定にてアップロードし、以下のフォームよりURLとパスワードを事務局に送付してください。
  • 撮影地及び被写体の撮影許可が取れており一般に公開が可能な作品を対象とする。
  • 著作権、肖像権を侵害していないこと。
審査基準
  • JUIDAの安全ガイドラインを満たした撮影を行っている。
  • 映像作品としての芸術性や、技術的な先進性などを審査ポイントとする。作品のジャンルは問わない。
  • 差別的な表現や、危険な撮影手法などがある作品は審査の対象外とする。

審査員

  • ソニーグループ株式会社

    ソニーグループ株式会社は、テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーです。ゲーム&ネットワークサービス、音楽、映画、エレクトロニクス、イメージング&センシング・ソリューション、金融などの事業を展開し、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」ことをPurpose(存在意義)としています。このたび新たな取り組みとして、ブランド名“Airpeak"(エアピーク)でドローン事業に本格参入します。Airpeakにはドローンのさらなる発展や最高峰の価値創出に貢献する志を込めて活動しています。
    Airpeakウェブサイト

  • 白石 麻衣/しろまい

    ドローンレース日本代表チーム女性レーサー
    Wednesday Tokyo Whoopers & WTWHIVE 代表。
    インターナショナルドローンレーシングチームSpeedy pizza droneチームレーサー
    ニホンマルチコプター協会理事

    2017年FPVドローンコミュニティWednesday Tokyo Whoopersを立ち上げ毎週水曜日にコミュニティイベントを開催する。開催回数は160回を超える。2018年、2019年には2年連続ドローン世界選手権日本代表チームに選出される。国内ではWTWから派生したドローンレーシングチームWTW HIVEのリーダーとして活動しつつ、海外レース参戦も視野にいれヨーロッパのレーシングチームSpeedy pizza droneにも参加。2020年日本マルチコプター協会理事に就任。2021年には釧路市で開催された招待制空撮コンテストにチームで大会の特別賞を受賞。
    子育ての傍らドローンレース参加や主催、講師業やイベント企画、メディア等でも多義にわたり活動中。
    FPVドローンを使った空撮映像の撮影も積極的に行いたくさんの人にドローンの魅力を伝えるべくSNSなどでも活発に発信している。

  • 猪川 トム

    出版社、広告代理店、CM制作会社を経て、株式会社プロニュースに参加。映像専門WebマガジンPRONEWS編集長、ドローン専門WebマガジンDRONE編集長。日々国内外のドローンメーカーを取材し、イベントや展示会を駆け巡る。日本メディアとしてDJI本社を初紹介したり、ドローン元年である2015年から毎月一回は海外ドローン専用展示会を訪ね訪問国はアメリカ、ドバイ、イギリス、オランダなど10カ国以上を越える。
    DRONE

  • ロボティクスアカデミーカリキュラム監修
    株式会社Dron é motion

    ロボティクスアカデミーカリキュラム監修 株式会社Dron é motion 2016年設立。「ドローン×地方創生」をテーマに各地自治体や観光地のPR動画コンテンツ制作の傍ら、JUIDA認定スクール講師や企業研修、eラーニング等の講師といった教育・研修事業、ドローン専門メディアでレポートや執筆活動もしている。2016年12月よりデジタルハリウッドロボティクスアカデミーにてカリキュラム監修及び講師を担当。現在までに550名以上の卒業生を輩出。

  • 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
    経営企画室長・国際部部長 田口 直樹

    一橋大学経済学部卒。三菱商事にて財務・経理・法務を経験したのち、事業投資管理、リスクマネジメント業務に従事。新規事業投資審査、M&A案件などに携わったのち、チリに駐在し事業投資先のCFO補佐を歴任。
    帰国後JUIDAに参画。認定スクール事業の立ち上げ、各種ガイドラインの策定、政策提言案の作成などを行うとともに、国際標準化活動では日本エキスパートの一員として、ISO総会などで規格の提案を行う。また、JUIDAが主体となる実証実験のプロジェクトマネージャーとして、福島ロボットテストフィールドなどと複数回にわたる実証実験を運営。現在は主にプラント点検応用教育などの新規事業の立ち上げと航空法改正に向けた政策提言活動などを担当。

CONTACT

お問い合わせは、下記のフォームよりご連絡お願いいたします。

pagetop